引越し業者 比較 価格

引越し業者を比較する

引越し 価格

引越し 料金

引越し 相場

引越し 最安値

引越し 見積もり

 

引越し業者はちまたに沢山あります。
どこが良いのか、どこが一番安いのか、いろいろ調べてもすべての人がオススメする引越し業者は見つけることができません。

 

引越し業者は複数の業者から見積もりを取って比較するしか、良い業者も安い業者も選べないのです。

 

今は引越し業者一括見積もりをすることが出来ます。

 

一度情報を入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることが出来る便利なサービスです。

 

引越し 比較 

 

さて引越し業者には大手から地域密着の小さな会社まで様々あります。
費用が安いのはもちろん魅力的ですが、サービスもしっかり確認してください。

 

家具を運ぶ際に物件を傷付けないように保護する養生だとか、ダンボールのプレゼント、ハンガーボックスの貸し出しなどそれぞれ特徴があります。

 

ピアノを運びたい場合は、ピアノの運送を手掛ける部署のある引越し業者を選ぶ必要があります。
ピアノは高級な楽器なので、扱わない引越し業者もありますからご注意下さいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりませんから新居が決まってからにしましょう.。エレベーターありの4階となしの4階では同じ引越し料金ではありません。新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに使わないものからどんどん荷物を梱包します。その時に出る不用品は、ゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。引越しの際に荷物が多いとそれだけ引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。引越し日までに転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。新居での手配を忘れると引越し当日に電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 


・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)

郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。しかし郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて当日引越し業者に渡すと引越し当日は作業がスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越し業界の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界では3月が繁忙期です。
なぜ繁忙期になるのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。
大学受験を終えた高校生、つまり新大学生や就職活動を勝ち抜いた大学生が、新学期から新社会人として新しい環境に飛び込みます。
その準備のために3月に一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋にかなり大きな人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動するのです。

 

これに通常の引越しも加わりますから、3月の引越し業界は繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、時間を延ばして残業したりして、何とか仕事をこなそうとします。
しかしそれでも依頼が多すぎて間に合わない日もでてきます。
そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあるので、繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

こういうわけですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越し業者のオプションサービスとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には、別料金がかかるオプションが存在します。
オプションとは上記のようなもので、必要な人だけがサービスを選んでカスタマイズできるようになっています。

 

オプションの中で依頼が多いのは、エアコンの取り外しと取りつけなのだそうです。

 

なぜならエアコンは自分で外して、新居に設置ということが簡単に出来る家電ではありません。
電器屋に手配して移設しなければならないので、非常に面倒な家電です。

 

しかし高価な家電でもありますので、新居に持って行きたいという気持ちもわかります。
そこで引越し業者にオプションサービスとして「エアコンの移設」を依頼しておけば、同じくらいの費用で電器屋を手配する手間が省けます。

 

遠距離の車の陸送を自分でするには、時間があって、体力があって、高速道路も長時間運転も苦にならない人でないと難しいですね。
運転や体力に自信がない方はオプションで「車の陸送」を依頼することになります。

 

引越し業者が荷物を一時預かってくれるのはなぜかと思われるかもしれません。
それは家のリフォームや建替えなどで一時的に仮住まいに引越しされる方々へのサービスです。

 

このように必要なサービスを選んで有料で引越し業者に依頼することが出来るのです。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたらまずご近所にあいさつに行きましょう。
いつ行くのが一般的なのでしょうか?

 

マンションやアパートなどの集合住宅であれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅までだそうです。
それとマンションの管理人さん、大家さんがお近くにいるなら挨拶しておきましょう。
また一軒家の場合は町内会やゴミ出しのこともありますので、自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いかと思います。

 

挨拶に行くタイミングですが、一般的には引越し当日、遅くても翌日までに行くのが一般的です。
なぜなら引越しの時は長時間トラックが道路や駐車場で止まって作業をしていたり、引越しスタッフの足音が響きますから、早い段階で挨拶に行くことで印象を良くしておきましょう。

 

手ぶらよりも何か手土産を用意しておくと挨拶に行きやすいです。
高価な粗品は必要なく、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

洗剤やタオル、お菓子やコーヒー、紅茶などが人気です。
第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しはいらない家具を断捨離する絶好のチャンスです。
新居に持って行くとまた何年も処分できずに過ごすことになりますから、いらないものは処分するように動きましょう。

 

それに大きな家具を何個も新居に持っていこうとすると、それだけ大きなトラックが必要になって引越し費用がかさむ原因になります。
新居に運んでみて、やっぱりいらないから捨てようというのは費用的に考えても勿体ないです。

 

しかしながら、粗大ごみはいつでも好きなタイミングで捨てられるというものではありません。
市区町村によって回収方法は違いますが、手数料を払って取りに来てもらう方法と、自分で持って行く方法とがあります。

 

取りに来てもらう場合は、まずクリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をして引き取りに来てもらう日を予約します。
次に、コンビニで粗大ごみシールを買って粗大ごみにシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。

 

このときついでだからと他の粗大ごみを出しても持って行ってはくれません。
1つの粗大ごみに1つのシール、つまり手数料が必要なのでお気をつけて。

 

自分で持って行く場合でもまずは電話予約をします。
自分でリサイクルセンターに持ち込むことができれば粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しいことはお住いの市区町村の役場のホームページなどで確認してください。

 

ただし、注意する家電がいくつかあります。
エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。