引越し業者 比較 価格

引越し業者を比較する

引越し 価格

引越し 料金

引越し 相場

引越し 最安値

引越し 見積もり

 

引越し業者はちまたに沢山あります。
どこが良いのか、どこが一番安いのか、いろいろ調べてもすべての人がオススメする引越し業者は見つけることができません。

 

引越し業者は複数の業者から見積もりを取って比較するしか、良い業者も安い業者も選べないのです。

 

今は引越し業者一括見積もりをすることが出来ます。

 

一度情報を入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることが出来る便利なサービスです。

 

引越し 比較 

 

さて引越し業者には大手から地域密着の小さな会社まで様々あります。
費用が安いのはもちろん魅力的ですが、サービスもしっかり確認してください。

 

家具を運ぶ際に物件を傷付けないように保護する養生だとか、ダンボールのプレゼント、ハンガーボックスの貸し出しなどそれぞれ特徴があります。

 

ピアノを運びたい場合は、ピアノの運送を手掛ける部署のある引越し業者を選ぶ必要があります。
ピアノは高級な楽器なので、扱わない引越し業者もありますからご注意下さいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりませんから新居が決まってからにしましょう.。エレベーターありの4階となしの4階では同じ引越し料金ではありません。新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに使わないものからどんどん荷物を梱包します。その時に出る不用品は、ゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。引越しの際に荷物が多いとそれだけ引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。引越し日までに転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。新居での手配を忘れると引越し当日に電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 


・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)

郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。しかし郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて当日引越し業者に渡すと引越し当日は作業がスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。